屋久島 農園Cafe

屋久島エコビレッジAperuy(あぺるい)のフィールドにある“農園Cafe”の日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

海水からの塩づくり。  

屋久島エコビレッジあぺるい、
田中家では毎年恒例になっている塩の自給、
今年は我が家も含め2家族分の塩づくり。

朝しゅんぞうさんとエルビス、ボランティアスタッフのやまちゃん、
子どもたちが近くの浜に海水を取りに行き、
3日間薪で火を入れ、
P2210594.jpg

できたミネラルたっぷりの塩、
と副産物のにがり。
P2250617.jpg

自給すればタダだけれど、
海水を取りに行くこと、
炊き続けるために必要なたくさんの薪、
そして数日もするその火の管理、

うーん、
すごい手間だ、
お店屋さんで買えば一瞬で手に入るものなのに。

でもね、
今の社会で重視されすぎてしまっているスピードやお金の物差しでは測れない、
もっともっと大切なことが、
もっともっと豊かなことが、
この塩づくりにはたくさん詰まってるの。

朝早く起きて、
海岸の朝焼けを見ながらみんなで汲む海水とか、
炊き続ける薪の香りやその火を見つめることとか、
火が消えてないかなんとなくみんなが気にかけあう空気感とか、
薪を譲って下さった島の方の温かいキモチとか、
子どもたちがそれを近くで感じてくれてることとか、
主になって作ってくれたしゅんぞうさんの塩に込めた魂とか、
もちろんその美味しさは言わずもがな、

あぁこう書いているだけで胸がいっぱいになるよ。

この生活をはじめて、
今まで私たちはどんなに豊かで素晴らしいことたちを、
便利と引き換えに失ってきてしまったのだろうと思う。

エコビレッジあぺるいでの生活は、
こういう感動の連続なのです。

いつか塩づくり体験のワークショップもしたいし、
Cafeの分も自給できたらいいな。


屋久島エコビレッジAperuy(あぺるい)HPはコチラ






スポンサーサイト

category: エコビレッジ

tb: --   cm: 0

屋久島エコビレッジあぺるいの今日の一日。  

“こうあるべき”や“すべき”の枠を飛び出して、
自分の“ワクワク”や“好き”に従って踏み出す集団、
それが屋久島エコビレッジあぺるい!

今日も男たちは“遊び”にせいを出していたよ。

薪小屋づくりをしている俊三さん、
P2110615.jpg

引き続きピザ窯づくりのエルビス、
P2110610.jpg

休憩のおやつタイムもエコビレッジ構想が溢れ出して止まらない2人。
屋久島の馬文化を取り戻そう、
馬で畑耕したり、
移動したりさ、
お客さん迎えに行ったり、
エサはどうする?
ヤギで自家製チーズづくりもやりたいよね、

とーちゃんたちがワクワクニヤニヤ楽しそうってサイコーよ。
P2110621.jpg

あゆみちゃん、
イソウロウの山ちゃん、
子どもたちは夏野菜の準備。
無事元気に育っておくれ~。
P2110606.jpg

私は薪生活で出た灰を畑に撒いたり、
P2110598.jpg

ヨモギはスゴイ!
と聞いて早速新芽を摘んでみたり。
俊三さんいわくヨモギは古来、
麻と一緒にとても大切にされていたのだって。
採り放題の野草だよ、嬉しいね~!
P2110605.jpg

やりたいことが多すぎて、
一日があっと言う間に過ぎていく。

好きとワクワクの暮らしは、
こわいくらいに(笑)毎日楽しいよ。

ハタチの時大人に、
「それは夢だよ、現実はそんなに甘くない」
と言われた生活がほんとうにそうなのか、
自分も経験したわけじゃないし、
どうもその大人さんも経験したわけではなさそうだったわけで、

自分の心の声に正直に生きる暮らし、
どんなことが起こるのか、
実験しているようでもあるの。

あれから14年、
今のところ毎日悔いのない、
最幸の日々だよ。

屋久島エコビレッジあぺるい、
今日もこんな一日でした。


屋久島エコビレッジAperuy(あぺるい)HPはコチラ



category: エコビレッジ

tb: --   cm: 0

ピザ窯づくり着工!  

12月28日から始まった農作業小屋が完成~!

こんな感じだったのが、
blog1.jpg

だ~ん、
blog2.jpg

P2070620.jpg

そして、こちらが無事終わり、
いよいよ農園Cafe創りスタートだよ!

まずは農園Cafeの柱になるであろうピザの窯創り、
blog5.jpg
やさしくアコギを奏で、
本場アフリカ仕込みのジャンベをつくるワッキーも手伝いにきてくれて、
土台づくりから、ノリノリ。

実は今朝、島の緊急放送で、
「北朝鮮のミサイルが発射したので、安全な場所に避難し外出を控えて下さい。」
というのが流れたんだ。

一瞬心が恐ろしくなって、
家で小さな娘2人といた私はすぐにピザ窯づくりをしているエルビスに電話、
彼が迎えに来て徒歩30秒ほどのアペルイにみんなで集まった、

さあどうする?
作業やめて飲むかこのまま続けるか?
なんて話になって。

結局あゆみちゃの淹れてくれてコーヒーとクッキーなどでお茶して、
作業に戻ることに、

短い時間にいろんなこと考えたよ、
でも行き着くとこは、
日々自分の好きなこと、
魂の喜ぶ道を生きているから、
何があっても悔いはないってこと。

そして、
この生活してたらどこに行こうと生きていけるって自信がある、
変わらずこの生活を続けるだけ、

そのことを確認できたよ。

家族が、
仲間がいつもそばにいてくれるっていう存在もなんとも心強くて温かい。

ありがとう。

農園Cafeの空間を通して、
この暮らしが少しでもシェアできたらうれしいな。

まずは、
今から、
ピザ窯完成楽しみだ~い!


屋久島エコビレッジAperui(あぺるい)HPはコチラ



category: 農園Cafe創り。

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。