屋久島 農園Cafe

屋久島エコビレッジAperuy(あぺるい)のフィールドにある“農園Cafe”の日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

屋久島エコビレッジあぺるいの今日の一日。  

“こうあるべき”や“すべき”の枠を飛び出して、
自分の“ワクワク”や“好き”に従って踏み出す集団、
それが屋久島エコビレッジあぺるい!

今日も男たちは“遊び”にせいを出していたよ。

薪小屋づくりをしている俊三さん、
P2110615.jpg

引き続きピザ窯づくりのエルビス、
P2110610.jpg

休憩のおやつタイムもエコビレッジ構想が溢れ出して止まらない2人。
屋久島の馬文化を取り戻そう、
馬で畑耕したり、
移動したりさ、
お客さん迎えに行ったり、
エサはどうする?
ヤギで自家製チーズづくりもやりたいよね、

とーちゃんたちがワクワクニヤニヤ楽しそうってサイコーよ。
P2110621.jpg

あゆみちゃん、
イソウロウの山ちゃん、
子どもたちは夏野菜の準備。
無事元気に育っておくれ~。
P2110606.jpg

私は薪生活で出た灰を畑に撒いたり、
P2110598.jpg

ヨモギはスゴイ!
と聞いて早速新芽を摘んでみたり。
俊三さんいわくヨモギは古来、
麻と一緒にとても大切にされていたのだって。
採り放題の野草だよ、嬉しいね~!
P2110605.jpg

やりたいことが多すぎて、
一日があっと言う間に過ぎていく。

好きとワクワクの暮らしは、
こわいくらいに(笑)毎日楽しいよ。

ハタチの時大人に、
「それは夢だよ、現実はそんなに甘くない」
と言われた生活がほんとうにそうなのか、
自分も経験したわけじゃないし、
どうもその大人さんも経験したわけではなさそうだったわけで、

自分の心の声に正直に生きる暮らし、
どんなことが起こるのか、
実験しているようでもあるの。

あれから14年、
今のところ毎日悔いのない、
最幸の日々だよ。

屋久島エコビレッジあぺるい、
今日もこんな一日でした。


屋久島エコビレッジAperuy(あぺるい)HPはコチラ



category: エコビレッジ

tb: --   cm: 0

ピザ窯づくり着工!  

12月28日から始まった農作業小屋が完成~!

こんな感じだったのが、
blog1.jpg

だ~ん、
blog2.jpg

P2070620.jpg

そして、こちらが無事終わり、
いよいよ農園Cafe創りスタートだよ!

まずは農園Cafeの柱になるであろうピザの窯創り、
blog5.jpg
やさしくアコギを奏で、
本場アフリカ仕込みのジャンベをつくるワッキーも手伝いにきてくれて、
土台づくりから、ノリノリ。

実は今朝、島の緊急放送で、
「北朝鮮のミサイルが発射したので、安全な場所に避難し外出を控えて下さい。」
というのが流れたんだ。

一瞬心が恐ろしくなって、
家で小さな娘2人といた私はすぐにピザ窯づくりをしているエルビスに電話、
彼が迎えに来て徒歩30秒ほどのアペルイにみんなで集まった、

さあどうする?
作業やめて飲むかこのまま続けるか?
なんて話になって。

結局あゆみちゃの淹れてくれてコーヒーとクッキーなどでお茶して、
作業に戻ることに、

短い時間にいろんなこと考えたよ、
でも行き着くとこは、
日々自分の好きなこと、
魂の喜ぶ道を生きているから、
何があっても悔いはないってこと。

そして、
この生活してたらどこに行こうと生きていけるって自信がある、
変わらずこの生活を続けるだけ、

そのことを確認できたよ。

家族が、
仲間がいつもそばにいてくれるっていう存在もなんとも心強くて温かい。

ありがとう。

農園Cafeの空間を通して、
この暮らしが少しでもシェアできたらうれしいな。

まずは、
今から、
ピザ窯完成楽しみだ~い!


屋久島エコビレッジAperui(あぺるい)HPはコチラ



category: 農園Cafe創り。

tb: --   cm: 0

おばけ大根あります。  

畑の大根収穫。
P1240603.jpg
スーパーに並んでるのとは大分趣が違うけれど、
生きてます!ってエネルギーに満ち溢れてるよ。

P1260598.jpg
短冊切りや、
輪切りや、
一度茹でてみたり、
干し大根にして農園Cafeにもこの大地の恵みを出します。
とーってもみずみずしくて甘くて、
「あま~い!おいしい~!」って娘がぽりぽり。

この種を撒いた時はここでお店をするなんて思ってもみなかった。

昔はなりたい未来を強く願ってイメージして引き寄せていたけれど、

最近は心の思うままに肩の力を抜いて生きて今を味わってる、
そうしていると考えてもいなかった、
でも、最高に幸せなコトが次々勝手に起きてくる、
この感じとっても気に入ってます。

話がずれたけど、

干し大根、
おいしくな~れ♪

屋久島エコビレッジAperui(あぺるい)HPはコチラ








category: 畑のこと。

tb: --   cm: 0

ガスは引きません、薪料理。  

エコビレッジAperuy(あぺるい)の2家族、
田中家と我がオオヌキ家はガスを止めてお風呂も料理も薪の生活してるんだ、

11873377_940066076049563_8083327223766117642_n.jpg
薪を集めることや、
薪割をすること、
火をつけること、

ひと手間もふた手間もかかるけれど、

例えば、
毎日木にに触る感触とか、
薪がスパッと割れた時の気持ちよさとか、
火をつけるときじっと燃えるゆれる火を見つめる時間(とき)とか、
それを子供たちと共有できる幸せとか、
薪風呂の気持ちよさ、
薪料理の美味しさとか、

火を見る生活を始めたことで、
私たちの生活は何倍も豊かになったんだ。

あ~、薪割しなくちゃ~、
なんて腰の重い日もあるけれど、
だからこそエネルギーは無限じゃなくて有限で、
大切にしなくちゃいけないってことも身をもって実感できるようになった。

そして、
そのまま自然の流れでCafeにもガスを引かず薪で調理します!

ご飯は竈(かまど)で作り、
料理は薪ストーブ、
これからピザ釜もつくって、
屋久島の季節の無農薬野菜を使ったピザを出す予定!

今日石釜パンの樹の実のまきさんが、
「火のエネルギーも頂くんだよね、木は死んじゃってるけれど、火は生きてる、そのエネルギーが食べ物に入っていくんだよ。」
って話してたけど、
本当にその通りだ。
だから樹の実さんのパンもピザも最高に美味しくて何度でも食べたくなる。

農園Cafeも生きている火と対話しながら、
屋久島食材の恵みを提供していきます。

maki.jpg

昨日はご近所の方が声をかけて下さりたくさんの薪を頂きました!

なるべく効率よく、手間を省いて、利益を上げて、

という今の社会の仕組みを逆送するアペルイ集団だけど、
だからこそこうして島の人たちと繋がっていける、
心が喜ぶ本当に“豊”な暮らしを紡いでいきます。


屋久島エコビレッジAperui(あぺるい)HPはコチラ














category: 未分類

tb: --   cm: 0

樹の実さんの無農薬タンカン予約。  

今日はアペルイから車で5分ちょっとの場所にある石釜パンのお店“樹の実”さんへ。
P1130574.jpg

エコビレッジ住人あゆみちゃんから紹介されてから、
大ファンになったお店なんだ。

薪で丁寧に焼かれているパンはほんと美味しくて、
お昼に出されているピザは絶品!

そして何よりまきさんと通称お父さんのオーナーご夫婦の人柄が最高!
なんだかふっと来たくなってしまうお店なのです。
P1130572.jpg
会うとほっとする、柔らかな雰囲気のまきさん

今日はパンでもピザでもなく、
まきさんたちが栽培している無農薬タンカンの予約をしてきたよ。

ミツバチ大好きで実直なお2人のタンカンはすごく美味しいと評判、
里帰りでお世話になった実家へ、
そして、
農園Cafeのドリンクで出す予定!
これで贅沢に酵素シロップを作ろうと、
絶対美味しいよ~。
P1130571.jpg
海が見える樹の実さんのタンカン果樹園

屋久島には実直に安心で美味しい食づくりをしているステキな方がたくさんいるんだ、
農園Cafeでは自分たちの畑で採れたものはもちちろん、
屋久島の仲間たちの食材をたくさん使っていきたいと思ってる。
いずれは農園Cafeのフィールドで市”も開きたい。

屋久島住人と屋久島農家さんを繋げていきたい、
旅人に里の素晴らしさも知ってもらいたい、

想いは広がるよどこまでも~。

まきさんともたくさんおしゃべりして、
今日も幸せな一日だった。

ありがとう!


屋久島エコビレッジAperui(あぺるい)HPはコチラ





category: 屋久島食材のこと。

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。